:::: MENU ::::

JIRAとConfluenceをCentOS6にインストールする

もう何年も前からプロジェクト管理ツールでなにがいいかと問われたら、 金があればJIRA一択と言われてきたが、実はちゃんと触ったことがなかった。 安いし本気で使うつもりでライセンス買ってみたのでインストールしてみる。 Web/AppサーバにnginxとJIRA/Confluenceをインストールする nginxをインストール # rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm # vi /etc/yum.repos.d/nginx.rep... >> Read more


RVM(Ruby Version Manager)をCentOSにインストールする

rvm入れるメモとして書いておく。 RVM: Ruby Version Manager – Installing RVM 基本的に公式の手順に従えば問題ない。 公開鍵がないとこんなエラーが出るので鍵の入手は必須。 # \curl -sSL https://get.rvm.io | bash -s stable --ruby Downloading https://github.com/wayneeseguin/rvm/archive/1.26.3.tar.gz Downloading https://github.com/wayneeseguin/rvm/release... >> Read more


Apache BloodhoundをCentOS6にインストールする

Tracをマルチプロダクト対応にして、リッチなUIを備えて、 インストールも簡単にしたらしいBloodhoundを入れてみました。 公式インストールマニュアル README.rst in trunk/installer – Apache Bloodhound BloodhoundInstall – Apache Bloodhound 付属のREADMEと公式のwikiではインストール方法が若干違っていて、 分かりにくいのでインストール方法をまとめておく。 フォルダ構成 こんな構成で入れていこうと思う /usr/local/bloodhound/ bloodhoundの実態を置くと... >> Read more


レスポンシブデザインのサイトを横幅別にキャプチャを撮って差分を調べてくれるツール「Wraith」を使ってみる

サイトの継続的改善をしていると どうしても付きまとってくる面倒な作業「テスト」 だがとても大事な作業なので疎かにはできない。 ソース上はリポジトリのdiffを見ればなにが変更されたかわかるが、 実際のサイト上ではどのような変化があったかは理論的にしかわからない。 なので最終的にはブラウザ開いて目視確認が必要なのだが、 正直めんどうな上に時間がかかり、さらに漏れも必ず出てくる。 と、そんな悩みを抱えていて、 『自動でキャプチャ撮って自動で差分見てくれて、差分だけ画像として教えてくれる君』 はないかなーと探してたらありました! BBC-News/wraith · GitHub BBC Ne... >> Read more


Web-toリードで入力フォームを変更せずに格納先を変更する

前回(Salesforceでアカウント毎に特定項目を非表示にしたいときの注意点)の応用編。 非表示にしたい項目なのに必須項目(姓など)のところに入れてしまったとき、 どうやって任意項目にするかという問題。 方法1:別項目を用意してPOST項目を変更して既存データは全置換する 一番単純な方法。 別項目を用意して、フォームのPOST先をそちらにすればよい。 これで新規登録分は新しく作った項目にデータが入る。 既存データについては一括エクスポートして、 項目の置き換えを行った後、データローダで上書きアップロードすればいいかと。 方法2:POST項目を変更せずにSalesforceのみで置き換... >> Read more


CentOSにnodebrewでnode.jsとnpmをインストールする

node.jsが必要になったので、ついでにインストール方法をまとめておく。 Windowsでやってたけど、うまく動かず断念。 おとなしくCentOSに入れることにする。 nodebrewのインストール hokaccha/nodebrew · GitHub nodeはrubyのrvmみたいにバージョン管理用のツールがあった。 つまりはいずれバージョンの違いで苦しめられることがあるのか…… # curl -L git.io/nodebrew | perl - setup % Total % Received % Xferd Average Speed Time ... >> Read more


Salesforceでアカウント毎に特定項目を非表示にしたいときの注意点

ユーザからの入力時に必須項目を設けたい Web-to-リードを利用したい ログインアカウントによってページレイアウトを変更して閲覧できる情報を制限したい 例えばこのような要件があった場合を想定する。 通常のDB設計と同じように必須項目などを決めていると、 実はできませんでしたといった落とし穴があるのでメモ。 必須項目を扱う上での制約 ・ 標準項目は、必須にはできません。 ・ 必須項目は、すべてのレコードタイプで必須です。 ・ 必須項目は、項目レベルセキュリティに関係なく、編集ページに常に表示されます。 ・ ページレイアウトを設計するとき、必須項目は次の制約を持ちます。   ・ ... >> Read more


ページ:1234567...14