:::: MENU ::::
Category: Gitlab

gitlabのomniauthを利用してgoogleアカウントでログインする

はじめて使ったけど超便利だね♪ omniauthってRailsでOAuth対応しているIDとかの認証機能を作ってくれるgemなのね。 てっきり統一規格だと思ってた。 gitlabに組み込むのは超簡単。 必要なgemは構築したときに入れてあるので、設定ファイルに追記するだけ。 あ、もちろんgoogle APIsのIDとかは必要だけど。 Google APIsのアカウントを作成 1. Google Developersの下部にリンクがあるAPI Consoleからログイン。 2. 「Create Project…」を押下 3. 管理画面っぽいところに行くので、左カラムの「API A... >> Read more


CentOS6.3にGitlab5.3をインストールする

ひさしぶりにGitlabを入れ直してみる。 バージョンが上がってだいぶ使いやすくなっているとの噂。 Redmineもruby1.9で使えるようになったので、共存とか気にせず入れる。 以下のサイトを参考に入れてみた。 GitLab 5.0 を CentOS 6.4 にインストールする – $web->{note}; 事前に入れておくもの ruby1.9のインストールは省略 radisのインストール # yum install redis # /etc/init.d/redis start # chkconfig redis on 入れておかないとbundleでこけるはず... >> Read more


Gitlab2.1から2.2へアップグレードする

2.1が動いたと思ったら、昨日のうちに2.2が出ていたので、アップグレードを試してみることにする。 git pullしたほうが楽なんだけど、失敗したときに切り戻しが早いのでシンボリックリンクの切り替えでアップグレードを行う。 最新のgitlabをcloneして設定を移す # su - git $ git clone git://github.com/gitlabhq/gitlabhq.git ./gitlabhq-2.2.0 $ cd gitlabhq-2.2.0/ $ vi Gemfile httpsをhttpに変更 $ rvm 1.9.2 $ bunble $ bundle inst... >> Read more


CentOS5.5にRedmineとGitlab2.1をrvmとnginxとPassengerを使いつつ共存させる

はじめに gitlabが入れたかったが、すでにredmine入っているしどうしようって困っていたが、 なんかやろうと思えば共存できるようなのでやってみました。 別VirtualHostだったら動くようなので、 redmine.xxxxxx.com git.xxxxx.com こんな感じで分けてます。 redmineはapache+passengerで動いていて、 gitlabはnginx+passengerで動いていて、apacheからリバースプロキシで流しています。 とりあえずいろいろ迷走してなんとか起動できたが、手順の中に無駄なものがかなりありそう。。。 理想を言うならば、複数Pas... >> Read more