:::: MENU ::::

Twitter Bootstrapを使ったTrac1.0.1のテーマを作りました

Pocket

twitter-bootstrap-trac-theme_screenshot

Tracのデザインって古臭いというか、ダサいというか、まぁイケてないんですよ。
Trac1.0になって変わるかと思ったら、shadow使いまくりでとても見難かったので、
もうテーマを作りしかないと思い立って、Twitter Bootstarpベースで作りました。

Githubに公開しました

Blogに上げようかと思ったんですが、ファイル数が多いのと今ならGithubだろうと思い、
公開リポジトリとしては初めて上げてみました(Gistはメモ帳代わりに使ってたんですがね)

Twitter Bootstrapから取ってきたファイルは、そちらのリポジトリにリンクしたかったんですが、やりかたが分からなかったので、暫定的に一緒にコミットしてしまっています(あとで直します)

使い方

Githubにも書いてありますが、基本的にTrac本体に上書きして使います。

対応バージョン

  • Trac1.0.1
  • Twitter Bootstrap Version 2.3.1

Tracのソースを上書きしてインストール

# git clone https://github.com/14kw/twitter-bootstrap-trac-theme.git
# wget http://download.edgewall.org/trac/Trac-1.0.1.tar.gz
# tar xvfz Trac-1.0.1.tar.gz
# cd Trac-1.0.1
# cp ../twitter-bootstrap-trac-theme/trac_src/Trac-1.0.1/trac/* ./trac/
# easy_install babel
# python setup.py install

Tracの共通ファイルをコピー

# cp ./twitter-bootstrap-trac-theme/trac_common /usr/share/trac
# vi $TRAC_ROOT/conf/trac.ini
[header_logo]
src = /trac_common/trac_banner.png

[inherit]
file = /usr/share/trac/conf/trac.ini

[project]
icon = /trac_common/trac.ico

[trac]
htdocs_location = /trac_common

# vi $APACHE_ROOT/conf/httpd.conf
Alias /trac_common /usr/share/trac/htdocs

サンプルTrac

日本語化について

レポートの日本語化については、インタアクト株式会社が公開している、Trac-1.0.ja1を流用させてもらいました。
デフォルトのwikiも日本語化させたい方は、trac/wiki/default-pages 配下も上書きしてください。

参考にしたテーマ

Trac0.12用ならば、こちらのテーマがあるんですが、
せっかくなら最新のTrac1.0.1にしたいってのと、
いまいちデザインが気に入らなかったので。。

ヘッダー画像だけ、Trac本家の画像を拝借しました。
これシンプルな割にカッコいい!
ヘッダー画像をconfから変えられるプラグインとか余力があれば作りたいね♪

今後の更新予定

Tracのプラグインによって作成されるページはデザインが崩れることがあるので、
そのあたりの対応をチクチクやっていこうかなと。
プラグイン毎にパッチファイルを作成してclassとか付与させて、
patch.cssに追記していく感じになると思う。

Pocket


So, what do you think ?