:::: MENU ::::

Tracのgitにpushしたときにチケットにコメントを残すpost-receive

Pocket

以前、「gitにpushしたときにTracのチケットにログを残すpost-commit改造版 」という記事を書いたが、そもそもgitの場合はpost-commitでやるのではなく、post-receiveでやるのが正道らしい。

これなら前回コミットしたリビジョンも引数として返してくれるので、
わざわざ前回のリビジョン値を残す必要もない。
当然あってしかるべき機能だし、単に見落としていたみたい恥ずかしい(/ω\)

で、しかも公式に採用されたGitPlugin本家にスクリプト置いてあったw

0.12用として置いてあるが、1.0.1でも動いたので最新版でも問題無いと思う。
これを使えばわざわざ前回リビジョン用テキストを用意したりとか、
branchをマージしてpushしたときとか、マージ分のコミットが再度チケットにコメントを投稿されなくて済む。
さすがは公式のスクリプトよくできてます。

Pocket


So, what do you think ?