:::: MENU ::::

JIRAにTracのチケットをインポートする

Pocket

Trac依存症の方へ送るJIRA移行その1「チケットの移行」

TracからJIRAに果たしてどのくらいちゃんと移行できるか調べるシリーズ。
まずはバグトラッキングと言えばチケットですね。
今回はこれを移行してみましょう。

プロジェクトの外部システムインポート

外部システムインポートJIRA_trac0

Tracセットアップ

外部システムインポートJIRA_trac1
移行したいTrac本体をzipでアップロードします。

SQLiteで管理しているTracはそのままでアップロード。
MySQLで管理しているTracはtrac.iniにdatabaseをIP指定で書いて、
MySQL側もJIRAサーバからのIP開けてからアップロード。

database = mysql://[ユーザ名]:[パスワード]@[TracのDBサーバIP]:3306/[Tracのデータベース名]

ここで注意したいのが添付ファイルの容量制限。
zipの容量ではなく解凍後の容量をMAX値にしないと413エラーになる。
でかいログファイルとかあれば事前に消しておこう。

またnginxを使っている場合は、Webサーバ側のアップロードサイズの上限値も上げておくこと。

server {
        client_max_body_size 100M;

プロジェクトのマッピング

外部システムインポートJIRA_trac2
移行したい先のプロジェクトを指定します。
今回は新規取り込みなので新しくプロジェクトを作りました。

カスタムフィールドのマッピング

外部システムインポートJIRA_trac3
Tracの項目とJIRAの項目のつけ合わせを行う。

フィールドのマッピング

外部システムインポートJIRA_trac4
フィールド値のマッピングはおそらく初期値のこと。

値のマッピング

外部システムインポートJIRA_trac5
Tracで指定していたフィールドの項目がJIRAだとどの項目になるのかをつけ合わせ

これで入力項目は終わり。
あとはインポート開始を押して終わるのを待つだけ!

移行されたチケットを確認

import_trac_ticket_in_JIRA
チケットの項目も添付ファイルも問題なく移行されていることを確認。

Pocket


So, what do you think ?