:::: MENU ::::

CentOS7にZabbixをインストール

Pocket

Zabbixを検証用に立ち上げることがあるのでインストールメモ。
ChefにするなりDockerにしろよって思わないでもないが。

Zabbix Serverのインストール

Agentサーバからのデータを集計するメインサーバ。
管理画面もここにある。

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-2.4-1.el7.noarch.rpm
# yum -y install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese
# yum -y install zabbix-agent
# yum -y install zabbix-get
# vi /etc/yum.repos.d/zabbix.repo
enable=0

# yum install mariadb mariadb-server mariadb-devel
# service mariadb start
# mysql -u root
mysql> CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbixpass';
# mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.7/create/schema.sql 
# mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.7/create/schema.sql
# mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.4.7/create/images.sql

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=zabbixpass
# service zabbix-server start
# chkconfig zabbix-server on
# service zabbix-agent start
# chkconfig zabbix-agent on

# zabbix_get -s 127.0.0.1 -p 10050 -k agent.version
2.4.7
# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
        php_value date.timezone Asia/Tokyo
# service httpd start

http://zabbixserver.com/zabbix/

初期ID/PW = admin/zabbinx でログイン

初期設定

パスワード変更

管理 > ユーザー > Zabbix administrators のメンバーにある Admin (Zabbix Administrator)

パスワードを変更して更新

Zabbix Agentのインストール

データを取るためのAgentを各サーバにインストールする。

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.4/rhel/7/x86_64/zabbix-release-2.4-1.el7.noarch.rpm
# yum -y install zabbix-agent
## トリガー検証用にApache入れる
# yum -y install httpd

# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
EnableRemoteCommands=1
Server=[zabbix server local ip]
ServerActive=[zabbix server local ip:10051]
Hostname=[yourserver hostname] zabbixで設定したホスト名と違うとエラーになる

# service zabbix-agent start
# chkconfig zabbix-agent on
# service httpd start

死活監視の動作確認

ホストの追加

設定 > ホスト > ホストの作成

■ホストタブ
ホスト名:[zabbix agent host]
グループ:[zabbix agent group(任意)]
エージェントのインターフェース:[zabbix agent local ip:10051]

■テンプレートタブ
初期セットとしていくつかアクションを備えたテンプレートがある、
これにリンクしておくとアクションをホストごとに作らなくてよくなる
Template App HTTP Serviceとかに入れておいて動作確認する

ダッシュボードから追加したホストグループのステータスが「障害なし」になっていればOK。

# service httpd stop

AgentサーバのApacheを落として、しばし待って
Zabbixのステータスに「重度の障害」がカウントされれば
死活監視がちゃんと動作しているのを確認完了。

Pocket


So, what do you think ?