:::: MENU ::::
Category: Apache

Let’s Encryptで証明書を発行してWordPressをSSL化する

物は試しに証明書もらって当サイトをSSL化してみました。 以下に手順を載せておきます。 証明書の発行手順 https://letsencrypt.org/ https://github.com/letsencrypt/letsencrypt:letsencrypt/letsencrypt python2.7が必須みたいなので入れておく yumで入れてもいいけど、2.6もソースから入れていたのでソースから入れる。 # wget https://www.python.org/ftp/python/2.7.11/Python-2.7.11.tgz # tar xvfz Python-2.7... >> Read more


SubversionでUnexpected HTTP status 413 ‘Request Entity Too Laege’が出たときの対処法(Apache2.0/2.2)

svnリポジトリからチェックアウトするときに413エラーが出るとの報告があったので、その対処法をメモしておく。 Unexpected HTTP status 413 'Request Entity Too Laege' on '/svn/hogehoge' Apache2.2以上の場合 ググると「SSLRenegBufferSize」を設定すればいいとある。 Description : Set the size for the SSL renegotiation buffer Syntax : SSLRenegBufferSize byt... >> Read more


日本語ドメインでWordPressを使う際の設定

日本語ドメインを初めて取ってみたが、 意外とひっかかるところがあったのでメモをしておく。 大前提 ApacheやWordpressの設定内に日本語ドメインを直接書いてはいけない! Punycode表記で書く必要がある。 日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換 – 日本語.jp 上記サイトで日本語ドメインをPunycode表記にしておくこと。 正規化後 :ほげほげ.com Punycode:xn--18ja5jb.com 幸いにもWordPressを動かすだけであれば、 以下の二箇所にちゃんとPunycode表記で記入しておけば問題ない。 Apache # ... >> Read more


64bitサーバに32bitのApache2.0を入れる方法

ごく稀にそんなことをする必要があるのでメモ。 今回はApacheを例にとる。 32bitで動かすのだから古いほうが需要あるだろうということで、Apache2.0系をいれる。 動かすサーバは、CentOS release 6.4 (Final)の64bit版。 linux – Can you compile 32-bit Apache DSOs (Oracle HTTP Server) on a 64-bit machine? – Stack Overflow 基本的には、Apacheでもそうでなくても、 configureのオプションで「CC=”gcc... >> Read more


オレオレ認証局を作ってサーバ証明書とクライアント証明書を作成する

https環境でテストしないといけないとき証明書が必要だったり、 閲覧制限をかけたいときにクライアント証明書が必要だったり、 サイト作っているとそんなときが多々あるので、手順をメモしておく。 手動インストール(3.0)>SSL自己証明書 [HiTo!サポートサイト Tech.Info] Kung Noi:SSLおれおれ証明書とクライアント認証 元のサイトが死んでいたのでキャッシュをのせとく オレオレ認証局(CA)の作成 まずは認証をしてもらう人がいないと始まらないので、自分で認証局を作る。 opensslはyumかなんかで入れておく。 CA.shの編集 元からあったか作っ... >> Read more


Tracをwsgiでインストール

wsgiでtracを入れてみたかったので入れてみた。 たぶん重複してインストールしてたり意味のないコマンドも含まれているけど、 インストールしたときのログ。 python  VMwareFusion/CentOS5/13.Pythonインストール – MinacoWiki pythonインストール # wget http://www.python.org/ftp/python/2.7.1/Python-2.7.1.tgz # tar zxvf Python-2.7.1.tgz # cd Python-2.7.1 # ./configure --prefix=/usr/lo... >> Read more