:::: MENU ::::
Category: Google
ページ:12

AD DS用意してGoogle Cloud Directory Sync(GCDS)でユーザー同期するまで

二度とやることはないと思っていたら二度目が来たので Windows Server 触ったときのメモを残す。 手順として間違っていたり脆弱なことをしているかもしれないが疎通確認目的なので目をつぶる。 やったことは AD と G Suite の Cloud Directory とのユーザー同期テスト。 用意したもの Windows Server 2019 (なんか新しく出ててたので) G Suite Active Directory Domain Service (AD DS)のセットアップ Windows Server 2012: Set Up your first Domain Contr... >> Read more


SpreadsheetをLambdaからGoogle API叩いて取得する

定期的に spreadsheet を取得しにいくものを作りたい。 よくある要件なのだがハマったところがあったのでひととおりメモしておく。 サンプル一式 Github にサンプル上げましたので、よかったらどうぞ 14kw/export-spreadsheet: Export Google spreadsheet using Lambda 認証 Service account の作成 Google API を叩くときによく使われるのは OAuth Client だが、今回はユーザーによる認証ではなくシステム利用を目的としているので Service account を作成する。 認証情報 – API... >> Read more


「Google サイト運営者向けプラグイン」でWordPressのテンプレをいじらずにAdSense広告を出す

WordPress に広告を入れ込むプラグインを選んでいたら、 Google 公式のものがあったので入れてみました。 なにができる子なの? WordPress 用 Google サイト運営者向けプラグイン(ベータ版)について – AdSense ヘルプ このプラグインは Google AdSense にいって広告の設定をしなくても、 画面上でここに広告入れたいってクリックするだけで、 AdSense に広告ユニットを作ってかつ WordPress にタグを入れてくれる超便利な子!! ウェブマスターツールとも連携していて、 ウェブマスターツールでサイトを登録していなかった場合は... >> Read more


ログイン/ログアウトユーザの挙動を追いたいとき設定するカスタム変数とは

ただ統計値を追いたいだけであれば、 ページレベルでもセッションレベルでもどちらでもよい。 しかしデメリットがどちらにもあり、どちらを許容するかのためのメモ。 ページレベルの場合 デメリット カスタム変数(キー 1) カスタム変数(値 01) ユーザー数 全体 Logined 250,000 非ログイン False 200,000 ログイン済み True 90,000 集計項目 重複数 Guest+Member-User 40,000 新規入会 -8,000 退会 -2,000 ログイン -25,000 ログアウト -5,000 ... >> Read more


構造化データhatomのエラーを解消する方法(WordPressの場合)

Google ウェブマスターツールを見ていたら構造化データのエラーがたくさん出ていた。 構造化データは付加要素であって、これによって順位に影響はないとは思うが、 エラーがあり続けるのも気持ち悪いので解消することにする。 ググると「post_class()関数を消す」という方法があったが、 できればポジティブに直したいので、ちゃんとエラーに対応することにする。 Twenty Fourteen での修正方法 ※Twenty Fourteen ver1.0 を利用 updated の指定 記事詳細ページと一覧ページの更新日時で出ていたエラーに対応する。 更新日時を表示はしたくないので hide で... >> Read more


Google Analyticsでユーザの年齢と性別を見られるようにする方法とプライバシーポリシーの記載

ちょっと前に Google Analytics でユーザの年齢と性別が取れるようになっていました。 見るためには設定が必要なので、念のためメモしておきます。 ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの概要 – アナリティクス ヘルプ 設定方法(Google Tag Manager 未使用) アナリティクス トラッキング コードを更新してディスプレイ広告に対応する – アナリティクス ヘルプ こちらのヘルプにあるように ga.js ではなく doubleclick の dc.js を呼ぶように置き換えるだけ! ◆変更前 ga.src = ('http... >> Read more


gitlabのomniauthを利用してgoogleアカウントでログインする

はじめて使ったけど超便利だね ♪ omniauth って Rails で OAuth 対応している ID とかの認証機能を作ってくれる gem なのね。 てっきり統一規格だと思ってた。 gitlab に組み込むのは超簡単。 必要な gem は構築したときに入れてあるので、設定ファイルに追記するだけ。 あ、もちろん google APIs の ID とかは必要だけど。 Google APIs のアカウントを作成 [API Console](https://developers.google.com/:title=Google Developers]の下部にリンクがある[http://code.... >> Read more


ページ:12