:::: MENU ::::

Notion用のSlack Slash commandsをZapierだけで作る

作成したいNotion Databaseが固定で決まっているなら、SlackのSlash commandsでItemを自動作成しないなと。
でもわざわざプログラム書いたり環境用意したりするほどでもない、、、Zapierでできるのでは?と思って作ったらできちゃったのでメモ。

用意するもの

  • Slack Freeプラン
  • Zapier Starterプラン以上
  • Notion Freeプラン

Multi-step ZapsとPremium Appが必須なのでStarterプラン以上が必要です。ほかのiPaaSならFreeでもいけるかも?

Slash command記入例

/nt 議事録 ほげほげほげ

こんな感じで作ります。

/notion にしていないのは今後衝突しそうだったので。ここは好きなの指定するといいかと。

Slack Appを作成

Slash command作ってZapのWebhook URLを設定。
NotionのURLを返すので権限も追加。

_metadata:
  major_version: 1
  minor_version: 1
display_information:
  name: NotionSlashCommand
features:
  bot_user:
    display_name: NotionSlashCommand
    always_online: false
  slash_commands:
    - command: /nt
      url: {{ZapierのWebhook URL}}
      description: Fast creation of Notion Database
      usage_hint: 議事録 docment-name
      should_escape: false
oauth_config:
  scopes:
    bot:
      - commands
settings:
  org_deploy_enabled: false
  socket_mode_enabled: false
  token_rotation_enabled: false

ZapierのZap構成

今日の日付を作成

Slash commandのpayloadに日付情報がなかったのでZapのmeta情報から作成します。

Insert the time your Zap runs into a field

テンプレート指定してItemを作れないが空で作れば後から指定できる

複数のDatabaseに対応する

Pathを使えば1つのZapで複数パターンに対応できます。

Zapier有償版いいね

今回はTrial使ってZapを作りましたが有償版になると世界が変わりますね。
複数アクション繋げられて複数パス組めるとできることがすっごく広がる。

なんとかフリープランだけでも同じことできないものか、Automate.ioやIntegromatも触ってみようかな。